青汁でダイエットしましょう

日本は昔の貧しかった時代とは全く違って、今や飽食の時代となっています。今や肥満やメタボなどの問題が大きく取り上げられるようになっていますね。

ダイエット

巷には、ファストフードやFCチェーンなどジャンクフードや西洋料理など高カロリーで炭水化物が多い割にはビタミンやミネラルが少ないような食べ物が増えてきています。

特に、炭水化物で出来ている食べ物は、辺りを見回すと沢山ありますね。日本人の主食であるお米のご飯もそうですが、菓子パン、ラーメンやうどん、パスタなどの麺類もそうです。

炭水化物は、食事として口に中に入って消化されていくと糖分に変わります。そして糖分というのは激しい運動している最中には直接的にエネルギーとして消費されますが、消費されないときには脂肪に返還されて体内脂肪として蓄積されていきます。

これが続いていくと肥満になりメタボになってしまうわけです。

「青汁にはダイエットの効果がある」と良く耳にしますが、青汁に含まれている沢山の食物繊維が腸に中に入ると、糖分の吸収を抑える効果があるそうです。

さらに、桑の青汁の原料である桑の葉には、DNJという糖分の吸収を阻害する働きをする成分が含まれています。

私的には、桑の青汁がダイエットや糖尿病予防には効果的なんですね。

食事の際には、桑の青汁を一緒に飲むようにして、さらに定期的な運動も同時に実践していくことが一番効果があると思います。

もっと言えば、食事内容を良く考えてカロリー控えめの脂肪や炭水化物が少ないダイエット食を食べるのが良いでしょう。